ネイルのアートブラシの毛先が二つに割れちゃった!割れたネイルブラシを真っ直ぐ直す方法と注意点!

ネイルの豆知識

今回はネイルブラシが割れてしまった時の対処法と注意点を紹介します!

ネイルブラシが割れてしまった

あー気づいたらアートブラシが二つに割れてしまった!発注するにも届くまで時間かかるしどうしよう…なんてことありますよね!

今回は割れてしまったネイルブラシを一時的に真っ直ぐに戻す方法を紹介します!

アートブラシが二つに割れてしまうとアートする際に気をつけても2重にラインになってしまったりアートが綺麗に仕上がらないのでとても重要な問題ですよね!

割れたネイルブラシを戻す方法

ここからは実際に割れてしまったアート筆を使って真っ直ぐに戻す方法を紹介します!

真っ直ぐに戻す方法

①ネイルブラシを洗浄液で洗っていきます。

②①で洗って開いたネイルブラシを熱湯で整えていきます。

③しっかり水分がなくなるまで乾かします。

④エタノールで拭き取ります。

⑤クリアジェルをブラシ内にふくませネイルブラシを保管します

ネイルブラシを洗います

まず初めにブラシ内のジェルを取り除くためにブラシ専用の洗浄液でブラシを洗っていきます。私が使用した洗浄液がオチムシャの洗浄液です!

オチムシャの洗浄液はスッキリブラシ内のジェルを取り除き濃いカラーのジェルも取り除いてくれます!また、揮発性も高いので洗った後は水分残さずブラシを洗うことができます!

通常洗う場合はオチムシャで洗浄後クリアジェルで馴染ませて終わりですが、今回はここから割れたブラシを直していきます!

割れてしまったブラシの戻し方

ブラシを洗浄後割れたブラシを戻すために80度〜90度の熱湯のお湯を使用します。

ケースに熱湯を入れてネイルブラシをゆっくり浸し軽く揺すります。

ナイロンには元の形状に戻ろうとする形状記憶の性質があり、熱に触れると形が変化する性質があります。

ネイルブラシを熱湯に入れることでナイロンは熱すると柔らかくなり冷やすことて固くなります。それをもとにネイルブラシの形に整えてあげることで、毛先が真っ直ぐになるのです!

熱湯でネイルのブラシを整えたらブラシ内の水分を取り除いていきます

しっかり水分を取り除きます

先ほど熱湯で割れたブラシを戻したらブラシ内に水分を残さないように少し置いていきます。水分が残ったままジェルを使用するとジェルがはじいてしまったり、そのまま保管することでネイルブラシがダメになってしまうのでしっかり水分を取り除きましょう!

エタノール

水分をしっかり取り除けたらエタノールで拭きとってからブラシジェルに馴染ませます!

ブラシにジェルを馴染ませます

エタノールで拭き取った後クリアジェルをブラシにふくませて軽く拭き取り保管しましょう!

割れたネイルブラシが熱湯入れたことで真っ直ぐに整いました!真っ直ぐ整えたことでラインが真っ直ぐ引けるように回復しました!

注意点

注意点

・ネイルブラシ専用の洗浄液を使用する

・ブラシ内の水分をしっかり除去する

・ジェルで馴染ませる前にエタノールで拭き取ってから馴染ませる

ネイルブラシを洗う際は必ずネイルブラシ専用の洗浄液を使用してネイルブラシを洗い、熱湯で洗った後は水分が残さず最後にエタノールで拭き取った後にジェルでしっかりなじませましょう!

水分が残っているとジェルがはじくなどにつながるので注意が必要です!

また一時的にはおすすめですが一度割れてしまったネイルブラシは繰り返し割れやすいので注意が必要です!

アートブラシは割れやすいので中に金具が入ってないシリコンキャップがおすすめです!

正しい保管方法

ネイルブラシは使用したら必ず使いぱなしではなく正しくジェルを取り除き保管することがネイルブラシを長く持たせるには大切です。

ブラシの正しい保管方法はネイルを塗ったあとのブラシをエタノールでジェルで拭き取りカラーを取り除いたあとベースジェルで馴染ませて保管します!

また濃いカラーやラメを使用した際は専用の洗浄液でしっかり洗い流し保管することがとても大切です!

詳しくはこちらで紹介してます!

ネイルブラシを間違った方法で保管してるとひらいてしまいバサバサになってしまいキューティクルラインやキワはもちろんジェル が操作しづらくなってしまいます。

またブラシが固くなってしまいジェルが塗れない原因になります!

使ったネイルブラシはしっかりジェルを取り除き正しく保管しましょう!

こちらもおすすめ◎

コメント

タイトルとURLをコピーしました