ツィードアートが上手く描けない!?不細工なツィードアートを上達させる方法とツィードアートのコツを紹介

ネイルデザイン

今回はツィードアートが上手く描けない方必見!!

ツィードアートが上達する方法について紹介します!

ツィードアートは簡単なデザインだけど手を抜くと残念なネイルアートになってしまうから注意が必要です!

ツィードアートとは?

ツィードアートとは糸と糸を縫い合わせたようなデザインでツイードの発祥の地とされているスコットランドとイングランドの境にあるボーダー地方と呼ばれる地域です。

伝統的に、それぞれの家庭でウールの糸を紡いで織られる織物は、起毛タイプで生地の表面が粗く、厚い仕上がりとなるのが特徴です。

このようなデザインをネイルに生かしたデザインがツィードネイルです!

ツィードってよく洋服で見るよね!

そうだね!
その布の縫い目のようなデザインをネイルに生かしたデザインがツィードアートなんだ♪

バランスの悪いツィードアート

上の写真のツィードは残念なツィードアートです。

ツィードアートは手を抜くとバランスが崩れてしまいすごく不細工なデザインにもなります。

ツィードアートが上手く書けない原因として手間を省こうとしているのが大きな原因です。

サロンワークの時短を気にしてデザインの質を下げてしまったらもったいないよ!

上手く描けない原因

①ツィードアートを一色1回で終わらそうとしている

②ツィードアートの大きさが大きい

③バランスを考えず適当に描いている

ツイードアートとは先ほども言ったように糸一本一本が積み重なったネイルデザインなのでアートする線一本一本も細く細かく描いていく必要があります。

また、アートを一工程で終わらせて仕上げている方も多いのですがより縫い目の質感が出るようにラメ以外は2回アートを繰り返してあげるとネイルデザインもより重なりあるデザインに仕上がります。

なのでツイードのアートを大きく描いてしまうと全体のバランスも崩れ残念なネイルアートに仕上がってしまいます。

アートを綺麗に仕上げるには手数を細かく丁寧に増やすのがポイントです!

ツィードアートのやり方

ツィードアートのやり方

①ベースのカラーを硬化します。(グレー)

②アートするカラーの濃いから順番に+をバランスよく描いて行きます。(黒)

③薄いカラーを+に上に重ねて塗布します。(白)

④②で描いたカラーを上に重ねて+を描き続けます。(黒)

⑤その上に③で使用したカラーを+にアートして埋めていきます。(白)

⑥最後にバランスを見てラメを塗布してアートを仕上げます。(シルバーラメ)

ツイードアートは細く細かく丁寧に重ねることでアートの質もグッと上がりさ上品なネイルデザインに仕上がります!

ラメで仕上げてあげることでよりおしゃれなネイルデザインになりました!

手数を減らせばアートの質も下がって残念な仕上がりになってしまうけど、アートを丁寧に描けば仕上がりもよくなるよ♪

ツィードアートのコツ

ツィードアートのコツ

・カラーのアートを2回繰り返す

・アートは細く細かく丁寧に描く

・最後のラメアートはバランスよく描く

最後のラメを多く描きすぎてしまうとラメラメになってしまいアートが目立たなくなってしまうのでラメのアートは1回だけバランスみて描くことがとても大切です!

また、アートの大きさを大きく描くことで全体のバランスが崩れてしまい残念な仕上がりになってしまうのでアートは細かく丁寧に描くことがツイードのコツです!

縫い目のようなツィードアートに

今回はツィードアートの腕がグッと上がるツィードアートのコツとポイントを紹介しました!

ツィードアート自体はとても簡単で細く繰り返し描くことで立体感あるおしゃれなネイルデザイン仕上がるのでツィードアートが上手く描けないな、ツィードアートの腕を上げたい方の参考になると嬉しいです!

こちらもおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました