プリジェルのノンワイプトップジェル!ボトルタイプのキャンジェルノンワイプとノンヒートジェル・キャンジェルEXを紹介!

ネイル道具

キャンジェル ノンワイプ

今回はプリジェルのノンワイプを紹介します!

プリジェルのノンワイプはキャンジェルキャンジェルノンヒートタイプの3種あり、ノンヒートタイプは硬化熱を考えて作られたトップジェルでネイルをする際はノンヒートタイプがおすすめです!

   

通常のトップコートは塗布して硬化後クリーナーで拭き取る必要がありますが、ノンワイプのトップコートとは未硬化ジェルを残さないトップジェルで塗布して硬化後拭き取りが不要なジェルです。

つまり塗って硬化したら完成するジェル。

   

名前の通りNo ワイプ(拭き取り)と言う意味そのままですね!

キャンジェル

〜ノンヒートタイプ〜

~キャンジェル EX~

   

ノンワイプ

プリジェルのキャンジェルはボトルタイプで開けてすぐに塗布できるタイプのトップコートでテクスチャーもスムーズで塗布しやすく、セルフネイルにもおすすめのトップジェルです!

  

キャンジェルは硬化スピードが速く硬化熱が伝わりやすいやすいためネイルチップやパーツのトップコートとしておすすめです!

ハンドネイルの際は硬化熱が弱いノンヒートタイプがおすすめです!

ノンヒートトップジェル

ノンヒートタイプは硬化際に出てしまう熱を逃しながら硬化してくれるタイプでノンワイプの弱点のネイルライトで硬化の際の熱を抑えられるタイプなので硬化熱が伝わりやすいやすい方やハンドネイル、セルフネイルの施術におすすめです!

  

より改善されて発売されたのがキャンジェルEXです!

キャンジェルEX

従来販売しているキャンジェルの艶はそのままに、硬化熱の軽減を更に追求した拭き取り不要の薄塗り専用ノンワイプトップ。
キャンジェル、キャンジェルノンヒート、そして新たにキャンジェルEXが加わり、選択の幅が更に拡がりました! 
爪の傷みが気になる方、爪が薄い方、硬化熱に敏感な方には特におすすめです。

使い方

使い方は通常のトップコートと同じ使い方です!

ノンワイプの使い方

①ベースジェル塗布して硬化

②カラージェル2回塗布

③アート

④ノンワイプトップコートで完成

   

ノンワイプのトップコートの使い方は簡単!ネイル塗って仕上がったらコーティングして完成!

  

マニキュアと同じ使い方でセルフネイルされる方でも使いやすいジェルです!

ただ塗れてないところなどがあるとそこの部分は仕上がらないので塗り残しがないようにサイドもしっかり塗りましょう!

硬化熱が熱すぎる

ノンワイプの最大の弱点が硬化熱。

ネイルライトに入れた際にアツッとなってしまう点です。

ノンワイプはどのジェルよりも硬化熱を感じやすいのでノンワイプを使用する際は注意が必要です!

じゃあそもそも何で硬化熱が熱くなってしまうの?

ノンワイプが熱い原因

ノンワイプが熱い原因は以下の通りです。

ノンワイプが熱い原因

◯爪が傷んでいる

◯自爪が薄く硬化熱を感じやすい爪質

◯厚く塗布してしまっている

◯はみ出してしまっている

◯ノンワイプ自体が硬化熱が熱いジェル

ツヤツヤネイルに仕上がる

ノンワイプのおすすめポイントとして光沢度が高いネイルが仕上がると言う点です!

  

ノンワイプは拭き取り不要なのでトップジェルを塗布後硬化したら仕上がりなのでジェルネイルの悩みの一つネイルの曇りなどなく、ツヤツヤ•ピカピカなネイルに仕上がります!

セルフネイルが曇るなど悩んでる方はおすすめのトップジェルです!

   

ジェルネイルが曇ってしまう原因はこちらで詳しく紹介してます!

セルフネイルにおすすめ

また何と言ってもノンワイプはセルフネイルをされる方におすすめ!

ボトルタイプなので簡単に楽に塗布しやすく、クリーナーが不要なので簡単にツヤツヤに仕上がる!

もし私がネイリストじゃなくセルフでネイルをする場合ノンワイプ一択と言っていいほどセルフネイルのトップコートにおすすめです!

またノンワイプはコンテナタイプもあります!

ミラーデザインのベースやテープアートやシールアートの祭などはコンテナタイプもおすすめです!

こちらもおすすめ◎

コメント

タイトルとURLをコピーしました