ネイルサロンを開業!独立費用のネイル道具にかかる初期費用ってどのくらい?ネイル道具の費用を紹介します!

ネイルの豆知識

今回はネイルサロンを開業する上で必要な初期費用のネイル道具代を紹介します!

ネイリストなら自分の道具があるからネイル道具の初期費用は抑えられるね♬

新規オープン

独立するにあたってどのくらいかかるのか目安は知っておきたいですよね!

今回は独立するのにネイル道具は大体どのくらいかかるのか、ネイル道具は何が必要なのかまとめてますので参考になると嬉しいです!

ただ一つ実際に独立するとなると自分が想像するよりも多くかかるのであくまでも目安です。

プラス10万程度は予備に準備が必要です。

今回はネイル道具編です!

新規オープンにかかる初期費用

どのくらいの店舗を開業するのか、どこの場所に出すのか、マンションの一室経営なのか自宅サロンなのかそれによっても大きく変わるので一概にこのくらいというのははなかなか難しい。

オープンにかかる初期費用

・店舗賃貸費

・家具代

・広告費

・ネイル道具代

大体どのくらい?

大体どのくらい必要なの?っというところですが大体店舗開業で250万自宅開業で80万程度またサロンにネイルサロンを追加する場合も同様80万程度が大体の目安です。

実際費用を抑えようと思えば抑えられますが、カラージェルなどパーツなどサンプルも一から作るとなると費用がかかります。

ネイリストじゃない方の目安で100万程度と言ってる方もいらっしゃいますが実際ジェルネイルって目で見ている道具よりもっともっとかかると思っていた方がいいです!

私も独立する際はカラージェル100色程度追加しましたがサンプルをハンド・フット作成したらカラージェルがなくなり営業する前に追加でカラージェルとパーツが足りなくなりました。

なので実際初めに準備していざ営業始める際はさらに必要になることも多いです!

ネットの情報は嘘!?

ネットで調べると店舗開業で100~200万自宅開業で30万と言われてますが本当にそのぐらいで出来るのっという点ですが、出来ます!

正しくは出来なくはないです。

出来なくはないですが実際独立した身からすると難しい印象です。

確かに初期費用を抑えて開業するなど無理ではないですけど実際問題、営業を考えると難しいです。

開業して終わりではないのでその先営業していくとなると+50万は見ておいた方がいいなと思います!

実際店舗経営など3人いれば3人分の家具も道具も必要だからね…

ネイル道具代はどのくらいかかる?

その中でも今回は初期費用にかかるネイル道具を紹介します!

ネイリストが独立する場合や技術者じゃない経営者がサロンを開業する場合などによっても違いますが道具代で大体30〜50万は必要です!

注意

最近はワンコインジェルなども多く出てますがあくまでセルネイル向けですサロンを開業する際にプチプラジェルを使用するは止めましょう。

何かトラブルが起きてしまったらとんでもな問題になりますのでメーカーものの品質が保証されているネイルジェルを使用しましょう!

ジェルネイルは化学ネイルです薬剤も使用するので正しい知識がないまま開業は大きなトラブルになりますので止めましょう。

ネイリストが独立する場合

ネイリストが独立する場合自分の道具をもう持っているので後はカラージェルと追加でネイル道具が必要な物を用意すれば独立出来るので初期費用は抑えられますね!

私も独立した時はカラージェル・ファイル・パーツ・その他足りないものだけ追加で購入したよ!

ネイリストの場合自分のお気に入りのネイルメーカーがあると思うのでカラージェルを揃えるところからまずはじめましょう!

私は白はここのメーカーとシアカラーはこっちと使い分けていたのでカラージェルのセットは購入しなかったのですがカラージェルをまとめて購入したい場合はセット売りのカラージェルの購入がおすすめです!

ネイリストが独立する場合

・カラージェル150色程度       

・ベースジェル・トップジェル 

・ネイルパーツ・その他アート道具  

・その他(長さだし等の道具)

・ネイルライト・テーブルライト

・ネイルブラシ

・ネイルファイル

・ケア道具

・マシーン道具

・薬剤

・その他(アームレスト・フットバス・オットマン)

ネイリストの場合持っているものも多いので値段は人それぞれだと思いますが私は大体ネイル道具代だけで20万〜50万くらいはかかりました!

またマシーンは壊れてしまうと予備がないのは怖いので予備も用意するとなると費用は掛かってしまいます。

サンプルなど作る際はサンプル作るとその分カラージェルもパーツもなくなるのでその分多めに購入また、追加購入が必要です。

新しく起業してサロン経営する場合

起業してサロンを新規オープンする場合は道具を1から準備が必要なのでネイル道具代だけでも大体30~60万前後用意が必要です!

また雇うネイリストの数によっても違うので3人雇うならその分追加で必要です。

必要な道具

・カラージェル150色       

・ベースジェル・トップジェル   

・その他(長さだし等の道具)

・ネイルラメ

・ネイルパーツ

・その他アート道具

・ネイルライト・テーブルライト

・ネイルファイル

・ケア道具

・マシーン道具・ネイルビット

・薬剤

・その他(アームレスト・フットバス・オットマン)

最近ではプチプラジェルも多く出てきましたがサロンではメーカーもので揃えましょう。

ジェル自体にトラブルが起きてしまうなどお客様との信用問題にもなりかねないので基本的にサロン用の道具が必要です。

ネイルの道具の購入は下で紹介してます!

ネイリストを雇う場合
基本的に各自の道具

・ニッパー類

・ネイルブラシ

・ウッドスティック

・ネイルマシーン・ネイルビット

ネイリストを雇う場合ネイルブラシ・マシーン道具一式・爪切り等は各自のものを用意して使用するのでお店で用意する必要はなくネイリスト自身に購入していただきましょう!

マシーンはサロンによってはサロンが提供するサロンもありますが最近はほとんどがネイリストが購入することがほとんどです!

ネイルマシーンは基本的にネイリストが実費、予備をサロンでも常備が必須です!

予備を用意しておかないとネイリストのマシーンが急遽壊れてしまうなど予期せぬ事態に対処が出来ないので予備は必要です。

ネイル道具の価格目安

・カラージェル100~200色  9万~18万   

・ベースジェル・トップジェル  1万

・その他(長さだし等の道具)  1万

・ネイルパーツ      2万~3万

・ネイルラメ       1万~2万

・その他         1万~3万

(ミラーパウダーやシールなど)

・ネイルライト      2万程度

・ネイルファイル     2万

・ネイルブラシ      5万

・ケア道具        1万~2万

・マシーン        5万

・マシーン道具      1万

・薬剤          1万

・その他             3万

(アームレスト・フットバス・オットマン・キューティクルオイル・ハンドクリーム・セパレーター・タオルなどなど・・・)  

ネイルマシーンとネイルライトなど予備で必要な道具もあるのでその分をなどを含めると50万程度またネイリストの数が多い分道具もその分必要なのでプラスで費用がかかってします。

安く道具を揃える方法

思ったより費用がかさむ・・・

どうしたら費用を抑えられるかな・・・

っと悩みどころですがネイルの問屋(ネイルパートナー・TAT)などで新店舗オープンで見積もりしてもらうとネイリスト価格から割引きしてくれるのでまず見積もりをしてもらいましょう。

大量に発注すると大体15%~20%割引きしてくれるよ♪

ネイルの道具はネイルパートナー・TATで購入できるので会員登録が済んでいない方はまず登録から始めましょう!

ネイルパートナー・TATの登録はこちらで紹介してます◎

上手く活用しよう!

最近はAmazonや楽天でもネイル家具を販売しているので上手く活用して初期費用を抑えるのもおすすめです!

私も独立するにあたってリクライニングチェア・ネイルデスク・テーブルライト・ホットキャビ・フットバスはAmazon・楽天で揃えました!

私も使用しているおすすめネイル家具がこちら!

・ネイルデスク

この家具は可愛いんだけど使っているとガタガタするから注意が必要です!

・リクライニングチェア

・オットマン

・テーブルライト

・ホットキャビ

・フットバス

おすすめネイル家具は詳しくこちらで紹介してます!

独立にはお金が掛かる

実際独立してみた感想が想像しているよりお金がかかるなと言う印象でした。

初期費用はもちろん毎月お店を経営するための光熱費やテナント代などの費用、材料の発注などはもちろん、独立することによって保険も社会保険から抜けることになるのその他もろもろかかると手元に売り上げを残すためにも月の売り上げはとてもシビアです。

独立する前はゆっくり休みも少し取って営業出来るな〜と思ってましたが現実問題独立したら独立したで大変です!笑

こちらもおすすめ◎

コメント

タイトルとURLをコピーしました