美容室に併設してネイルサロンを開業するために必要な開業費用とネイル道具を紹介します!

ネイルの豆知識

最近は美容室とネイルサロンが一緒になった併設サロンが多くなってきました。

今回はネイルサロンを美容室に開業する際の費用と必要な道具を紹介します!

美容室でネイルサロンを開業

美容室にネイルサロンを開業する場合美容室の一角で開業出来るのでネイルサロン単体で開業するよりも店舗賃貸費・広告費用・ロゴやカードなどの初期費用を抑えて開業出来るので赤字になりにくく、また美容室の一角で開業しやすいのでおすすめの開業方法です。

ただやっぱりなかなかサロン内でのトラブルは起こりやすいのでネイリストの離職率は高いので始めようと思ってる方は注意が必要です。

費用はどのくらいかかる

大体費用が80万程度と比較的起業しやすい起業形態です!

必要な家具

・ネイルテーブルとネイルチェア

・フット用のリクライニングソファー

・ワゴン

・ネイル道具

・備品道具(タオルやカットキッチンペーパーなど)

大体ネイル家具はリクライニングソファーで7万〜10万ネイルテーブルで3万チェアで1万程度が目安です!

また備品も必要なのでネイルタオルやアルミ・コットン・キッチンペーパーやワゴンなども必要です!

これは美容のディーラーで注文出来るので揃えやすいですね!

費用を抑えて家具等揃えたい!

リクライニングソファーやワゴンなどは楽天やAmazonで揃えるサロンも意外と多いです!

私が働いていたサロンはリクライニングソファーとワゴンとテーブルライトとホットキャビンは楽天・Amazonで費用を抑えてました!

・リクライニングソファー

・ワゴン

・テーブルライト

・ホットキャビン

必要なネイル道具

・カラージェル100~200色  9万~18万   

・ベースジェル・トップジェル  1万

・その他(長さだし等の道具)  1万

・ネイルパーツ      2万~3万

・ネイルラメ       1万~2万

・その他         1万~3万

(ミラーパウダーやシールなど)

・ネイルライト      2万程度

・ネイルファイル     2万

・ネイルブラシ      5万

・ケア道具        1万~2万

・マシーン        5万

・マシーン道具      1万

・薬剤          1万

・その他             3万

(アームレスト・フットバス・オットマン・キューティクルオイル・ハンドクリーム・セパレーター・タオルなどなど・・・)  

その他ネイル道具はこちらでまとめて紹介してます!

ネイル道具の収納

案外見落としがちですが収納家具も必要です!

私は無印用品のチェストタイプの引き出しに無印のケースで収納してます!

写真は無印のケースですが最近では100円ショップでもケース販売しているのでおすすめです

無印のチェストケースは綺麗に収納出来るのでおすすめです!

いざネイル部門もスタート

準備が整ったらいざ営業スタートです!

ここで注意が必要なのがネイリストの募集と離職対策です。

美容室で新規開業する場合指導不在のため、ある程度技術を持っているネイル技術者を雇わなければ人件費の負担になるのみです。

最低でもネイル検定2級は必須が条件で募集をおすすめします。

またネイリストという仕事は独立しやすく総合サロンの場合3年でほとんどのネイリストが辞めてしまう傾向があります。

せっかく費用をかけて起業したのに技術者であるネイリストがいなければ売り上げを得ることが出来ません。

長く利益を出し続けるためにも環境作りは総合サロンに置いて重要なポイントです!

こちらもおすすめ◎

コメント

タイトルとURLをコピーしました